Mini POPとMini POP Beeの違いを考える

Mini POPとMini POP Beeの違いを考える

こんばんは。

おじまブです。

今回はMini POPとMini POP Beeの違いを書きたいと思います。

Mini POPは実際に見たことが無いので、カタログを参考にして書いています。

Mini POPとMini POP Beeのシェル固定の違い

カタログで見ると、どちらもシェル部分は大きな違いは無さそうです。

大きな違いはシェルの載せ方ではないでしょうか。

このシェルの積載方法の違いで、乗車定員や使い勝手が違ってきます。

Mini POP

Mini POPは軽トラックの荷台ににシェルを載せて固定するキャンピングカーです。

シェルを完全にトラックの荷台と固定する訳では無いので取り外しが可能です。

ですので、普段は軽トラックとして使用することも可能です。

乗車定員は普通の軽トラックと同じ2名です。

Mini POP Bee

Mini POP Beeのシェルは軽トラックと完全に固定されます。

完全にシェルを固定するので、軽トラックのキャブ(運転席スペース)の後方からシェルを行き来できるようになります。

このため、シェル内に2名の乗車定員を増やすことで乗車定員が4名となります。

Mini POP Beeのシェル内の走行時乗車

Mini POP Beeの走行時にシェル内に乗車する場合は、横向きに対面する様に乗車することになります。

2点式シートベルトがシェルの左右に各1箇所設置されています。

2点式シートベルトが設置されている座席の壁(せもたれになるところ)は窓となっていて、内側には固定された網戸が取り付けてあります。

この網戸に背中を持たれかけようとすると、網戸が破損する恐れがあるので、乗車時には普通の座席のようにリラックスして乗ることは困難だと思います。

シェル内の乗車を快適?にしたMini POP Bee i

Mini POP Beeのシェルでの走行時乗車の座席は背もたれがありませんが、Mini POP Bee iという前向き乗車で背もたれのある座席仕様のものもラインナップされています。

Mini POP Bee iはシンクの場所や座席レイアウトがMini POP Beeと異なるため、収納スペースも変わるらしいです。

前向きの座席で3点式シートベルトになるため、シェル内での乗車はMini POP Beeよりも快適になりそうですね。

Mini POP Beeのキャブからシェルへ移動出来るメリット

Mini POP Beeは運転席からシェルへ移動できることは前述しましたが、そのメリットを考えてみたいと思います。

雨天時には運転席から移動

Mini POP BeeやMini POP、J Cabin-Miniはシェルの後方に出入り口があります。

通常はこの出入り口から出入りすることになりますが、雨天時には一度車から出る必要があります。

Mini POP Beeの場合は運転席から直接シェルに移動出来るため、雨に濡れずに移動可能です。

ちょっと仮眠したい時に

運転していてパーキングエリアや道の駅で少し仮眠をしたい時などに、車から出ずにシェル移動できるのはとても便利です。

人目が多い場所で、後ろの出入り口から出入りしずらい時に良いです。

荷物の移動が容易

軽トラックはシートが2つしかありません。

2人で乗車していたら荷物を置くスペースはほぼ無いです。

こんな時に運転席から直接アクセスできるシェルは荷物置き場としてとても活用出来ます。

シェルの運転席から手の届く場所に荷物を置いておくと、運転席に居ながら荷物の移動が容易に行えます。

Mini POPのメリット

Mini POPはシェルが取り外し可能です。

ベースとなる軽トラックが故障して修理不能になるなど、ベース車を乗り換えることになっても、Mini POPならシェルを外して新しいベース車に載せ替えることが容易にできます。

また、Mini POPを購入する時も、既に持っている軽トラックをそのまま使用したり、割安な車両を購入して初期費用を抑えることができるとメリットが考えられます。

FFヒーターの燃料の違い

シェルが固定されているか否かで、FFヒーターの燃料の取り方が変わってきます。

完全にシェルを固定するMini POP Beeの場合はFFヒーターの燃料は軽トラックのガソリンタンクから取ります。

Mini POPの場合はシェルを取り外す事を考えていますので、軽トラックのガソリンタンクから配管して燃料を取ることが出来ません。

ですので、Mini POPでFFヒーターを設置する場合は、ヒーター本体と燃料タンクを設置することになります。

Mini Pop Beeのシェルの載せ替え

Mini Popはベース車両を交換する際にシェルが取り外せるので載せ替えが容易と書きましたが、Mini Pop Beeもベース車両を交換できるそうです

ただし、車両と完全に固定されているので、Mini Popのように自分で載せ替えることはできません。

そんな時はMYSTICに相談が必要ですね。

まとめ

今回はMini POPとMini POP Beeの違いについてでした。

シェル自体に大きな違いはありませんが、大きな違いは「運転席からのシェルへの移動」だと思います。

この2台を購入検討する場合は、自分がどのように使いたいかで選択が別れるところですね。

Mini POPのシェルを取り外して、庭で部屋のように使うのも良さそうだな~なんて思ってしまいます。隠れ家的で良いですよね😊

今回ここに書けなかった違いもあると思いますが、また気付いたことがあったら更新したいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました😁