軽トラック コスパの高いおすすめアルミホイールはこれだ!【軽トラックのドレスアップ】

minipopbee 軽キャン装備・グッズなど

こんにちは、おじまるです。

僕の乗っている軽キャンピングカーのベース車はダイハツのハイゼットトラックです。

ハイゼットトラックは軽トラックなので、ドレスアップ?をする人が少ないためか、12インチのアルミホイールを探しても沢山の種類があるわけでもなさそうです。

ハイゼットトラックや軽トラックに取り付けるアルミホイールに悩んでいる方に、 コスパ重視のカッコ良いアルミホイールをみつけたのでご紹介します。

スポンサーリンク

軽トラック コスパの高いおすすめアルミホイールはこれだ!

僕の乗っているMini Pop Bee(ミニポップビー)という軽キャンピングカーは、車体の色が水色(ミストブルーマイカメタリック)で、シェルの色がホワイトなので、アルミホイールもダーク色よりもホワイト系が似合うと思い、

  • 12インチ
  • 白色のアルミホイール

という条件でアルミホイールを探しました。

ショッピングサイトで検索した結果、LEHRMEISTER(レイマイスター)というメーカーのアルミホイールが2種類見つかりました

この2種類のアルミホイールにはホワイト以外の色も選択でき価格も比較的リーズナブルだったので、軽トラックのアルミホイールを探している方の参考になればと思っています。

結果として『LEHRMEISTER(レイマイスター)』の『BRANDLE-LINE(ブランドルライン)KST-9というアルミホイールがミニポップビーに似合うと思い注文しました。

軽トラックのホイールサイズ・規格について

欲しいアルミホイールが見つかったけど、軽トラックのホイールサイズなど分からくてネット注文が不安になったので規格などを調べてみました。

どうやら現行の軽トラックのホイールサイズなどは共通らしいことが分かりました。

現行で発売されている軽トラックのホイールサイズ(前輪・後輪共に同じ)

乗用車用 軽合金製ディスクホイールの技術基準

直径オフセットP.C.D
4.012インチ40100

ホイール規格

軽トラックにはJWL-T規格のホイールを選択したほうが良い。

JWL-Tトラック及びバス用軽合金製ディスクホイールの技術基準
JWL乗用車用 軽合金製ディスクホイールの技術基準

LEHRMEISTER(レイマイスター)BRANDLE-LINE KST-9

今回ミニポップビーのために注文した『BRANDLE-LINE KST-9』というアルミホイール。

丸みを帯びた9本のスポークのデザインがシンプルなので、どんな車種にも似合いそうなアルミホイールだと思います。

カラーは5種類から選ぶことができます。

  • ホワイト
  • ブラック
  • ブラック/レッドドライン
  • ゴールド
  • ゴールド/レッドライン

ブラック/レッドラインはホワイトやダーク色のボディと合わせたらカッコ良いと感じました。

LEHRMEISTER(レイマイスター)BRANDLE-LINE KST-9のホームページはこちら

購入したお店は「フジコーポレーション」です。

フジコーポレーションで購入した理由は、このホイールを取り扱っている他のお店が身近になかったからです。

メーカー小売価格は1本17,000円(税抜き)ですが、アルミホイール4本にブリジストンの「ECOPIA R710」というタイヤを取り付けた価格で37,080円(取り付け工賃・税込み)でした。


LEHRMEISTER(レイマイスター)BRANDLE-LINEKST-10

この『KST-10』というアルミホイールもホワイトがあったので候補に入れていたのですが、スポークに丸みのある『KST-9』の方がミニポップビーのポップな雰囲気に合うと思い、こちらは購入しませんでした。

ホイールの真ん中の円が大きめで10本のスポークがスクエアなデザインなので飽きがこないと思います。

KST-9よりも金属部分が多いので、ブレーキディスクやドラムが見えにくいデザインです。

カラーは3種類から選ぶことができます。

  • シルバー
  • ブラック/レッドライン
  • ホワイト

こちらはKST-9にはないシルバーが選択できます。

LEHRMEISTER(レイマイスター)BRANDLE-LINE KST-10のホームページはこちら

KST-10のメーカー小売価格はシルバーが15,000円(税抜き)、その他のカラーは17,000円(税抜き)ですが、実売価格はもっと安く購入することが可能です。

アルミホイールを購入する場合は、タイヤとセットがお買い得感あります。

まとめ

今回は、軽トラックに取り付け可能なアルミホイールを2種類ご紹介しました。

『ミニポップビーの雰囲気に合いそう』という理由で『KST-9』を注文しましたが、『KST-10』の洗練された飽きの来ないデザインも捨てがたいと思い、最後まで悩んだアルミホイールでした。

カラーも車の色に合わせて選択できて価格もリーズナブルなので、愛車のイメージチェンジを考えている方には今回のホイールはおススメできると感じました。

他にも軽トラックのカスタム記事をご紹介しています。

取付けて良かった!ワイヤレス バックカメラの取付方法【DIY】
こんにちは、おじまるです。今回はハイゼットトラックに取り付けたワイヤレス バックカメラについてです。付けて良かった!ワイヤレスバックカメラワイヤレスバックカメラを取り付ける前は、ワイヤレスで本当にちゃんと作動するの...
ハイゼットトラックに2,980円でキーレス取り付け方法とレビュー【後付けDIYしてみた】
こんにちは!おじまるです。今回はタイトル通り、格安でハイゼットトラックにキーレスエントリーを取り付ける記事を書きます。僕のミニポップビーのベース車はハイゼットトラックのスタンダードモデルで、今では当たり前となっている装備のキーレスエント...
タイトルとURLをコピーしました