ミニポップビーのホイールカバーについて 【軽自動車を可愛くするホイールカバー】

ミニポップビーのホイールカバーについて 【軽自動車を可愛くするホイールカバー】

こんばんは。

昨日はめちゃくちゃ暑くてバテ気味のおじまるです。

皆さんは体調大丈夫ですか~😊

今回はMini POP Beeのホイールカバーについて書きたいと思います。

因みに、僕のMini POP Beeのベース車はハイゼットトラックです。(EBD-S510P)

タイヤサイズは145R12-6PR LT

12インチ6プライのライトトラックタイヤ。

今の軽トラックはこのタイヤサイズが標準です。

ホイールカバーをどこかに落としてきてしまいました

先日の旅で、いつの間にかMini POP Beeのホイールカバーをどこかに落としてきてしまった記事を書きました。

前回のブログ、「行きき当たりばったりの旅 ~鳳来寺・千枚田など~」

いつまでも1か所だけホイールカバーが無いのも寂しいので、ホイールカバーを購入したいと考えています。

Mini POP Beeのホイールカバー

Mini POP Bee(ミニポップビー)のホイールカバーは恐らくVENPLAという会社の「ブーニィ ホワイト」というものだと思います。

Mini Pop Bee(ミニポップビー)

BOONY White(ブーニィ ホワイト)の短所?と思うところは

空気バルブ位置の切り欠きが小さいために、ブーニィ ホワイト取り付けたままタイヤの空気圧調整を行うのが困難です。なので、タイヤの空気圧調整を行う度にブーニィ ホワイトを外す必要があります。

ただ、ブーニィ ホワイトを取り外すのは、そんなに大変な作業ではないのが救いでしょうか。

また、Mini POP Beeを購入して間もない時にタイヤの空気を入れる為にブーニィ ホワイトを取り外したら、ホイールカバーをホイールに留めるプラスチックの爪が折れていました

このプラスチックの強度に不安があると感じました。

このプラスチックの爪の割れについては、道路の段差などでホイールに強い衝撃が伝わった際に割れるのかもしれません。

段差を通過する際は減速するなどして、自動車を労る運転を心がけなければならないですね。

次のホイールカバー候補

現在Mini POP Beeに付いているホイールカバーはVENPLAのブーニィ ホワイトです。

次のホイールカバーもブーニィ ホワイトにするのも良いと思いました。

でも、7月21、22日に開催された東京キャンピングカーショー2018で展示されたMini POP Beeに付いていたホイールカバーも気になっています。

Mini Pop Bee(ミニポップビー)

東京キャンピングカーショー2018に展示されていたMini POP Bee。

内装はレジストロ風で素敵でした。

キューティー

東京キャンピングカーショー2018のMini POP Beeに付いていたホイールカバーは恐らくVENPLAのCutie(キューティー)だと思います。

今までのブーニィホワイトも良いけど、やっぱりキューティーも良いな~。

Cutie(キューティー)はカラーが、

パールホワイト×クローム

シルバー×クローム

の2種類みたいです。

他にもBOONY(ブーニィ)やCandy pop BOONY(キャンディーポップ ブーニィ)も良さそうな感じ。

VENPLAさんのページで確認できます。

今回のまとめ

Mini POP Beeのホイールカバーはやっぱり可愛らしいのが似合いそうなので、現行路線を保ちたいと思います。

やっぱり第1候補はCutie(キューティー)のパールホワイト×クロームになりそうです。

それにしても、ホイールカバーを落として来たのは痛かったです😱

この記事で紹介したホイールカバーはサイズがいくつかあるので、軽トラック以外の方も参考にして頂けると嬉しいです

今回も最後までありがとうございました😁