殺虫効果抜群!【キンチョウ 蚊がいなくなるスプレーを使ってみた】気になる人体への影響は?

蚊がいなくなるスプレー 軽キャン装備・グッズなど
スポンサーリンク

こんにちは、おじまるです。

夏は蚊に悩まされる時期ですよね。

家の中やキャンピングカー、テント内に蚊が入ってきてたら、もう最悪な気分です。

耳元でぷ~んなんて飛んでいると落ち着いていられません。

今までは蚊の対策として蚊取り線香ベープマットなどを使っていました。

今年、ドラッグストアで目に付いたキンチョーの「蚊がいなくなるスプレーという製品が気になって購入してみました。

スポンサーリンク

蚊がいなくなるスプレー

蚊がいなくなるスプレー

蚊がいなくなるスプレー
室内にスプレーするだけで、蚊の成虫やハエを駆除できるというものです。

4.5畳~8畳あたり1回の割合で部屋の中央に向けて噴射するだけ。

しかも蚊の成虫には約12時ハエの成虫には4時間効果が持続すると書いてあります。

本当にこんな効果あるの?

初めはそう思いました。

こんな時はAmazonでレビューチェックです!

Amazonでもかなりの高評価じゃないですか~

この時キャンピングカーで旅の途中だったので、Amazonでは購入せずドラッグストアで探して即購入!

でもキンチョウのが売ってなくて、何件かドラッグストアを回ってしまいました。

その日の車中泊で車内に蚊が入ってきたので、シューッと一吹き。

細いノズルから少量の殺虫剤がスプレーされました。

こんなので本当に効くのかな~

この時点ではまだ半信半疑です。

数分後、どうやら蚊がいなくなったな~、スプレーを噴射したからどこかに蚊が逃げたのだろう、と思っていました。

でも、逃げていたんではなかったんです。

蚊がキャンピングカーの床に死んで落ちていました。

これは凄い殺虫効果!!



キンチョウのものが売っていないドラッグストアもあるので、ネット通販が便利かも😊

人体に影響は?

効きすぎて人体に影響ないの?って疑いたくなるくらいです。

ホームページでは「安全性と効き目に優れた有効成分」ピレスロイド系殺虫成分を使用」、と書いてあるので、安全なのでしょう。

ピレスロイドは哺乳類や鳥類には安全性の高い殺虫剤らしいです。

安全性が高い

・ピレスロイドは害虫の皮膚や口から入り、神経に作用しマヒさせて虫を退治します。また、哺乳類・鳥類など恒温動物の体に入ってもピレスロイドは速やかに分解され、短時間で体外へ排出されてしまいます。

・動物の体内だけでなく自然界においても、光、空気、熱に触れると他の殺虫剤よりも分解しやすい性質があります。つまり、必要な時に必要な場所で効力を発揮して、その役目が終われば、すぐに分解されて消えていくという環境にも優しい殺虫剤です。

※キンチョウのホームページより引用

キンチョウのホームページに「ピレスロイドの特徴?」についてにコラムがあるので参照すると勉強になりますよ~

コラムはこちらから

毎回効果に驚かされます

それから、何度もこの「蚊がいなくなるスプレー」を使っていますが、毎回効果に驚かされています

ある夜にMini POP Beeのサイドテーブルで食事中、ランタンの明かりで小さな虫の大群が集まってきました。

一次食事を中断して、蚊がいなくなるスプレーを噴射したら、小さな虫の大群がサイドテーブルの上に落ちました。

外でも効果があるとは思わなかったので、これにも驚きました。

車内に入ってきたアブもシートの上に落ちたし、このスプレーの効果は間違えないです。

蚊取り線香やベープマットなどで効果が感じられない方はいちど「蚊がいなくなるスプレー」を使ってみるのも良いと思います。

驚きの殺虫効果を目の当たりにするはずです!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました♪



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました